Not Maximum!!

ギルティのこととか書いたりします。

2017年の振り返り/最近の大阪ギルティ

ご無沙汰なブログで大変申し訳なく・・・ まずは昨年1年間大変お世話になりました、本年もまたよろしくお願いします。 ということで去年のギルティシーンを振り返りつつ今年の抱負的なものなど色々書いていきたいと思います。 途中ちょっと鬱陶しい話してます。

2017年のギルティ

2017年はチーム戦の年でした。KSBの3onから始まり闘神祭3onまで。 それぞれについて軽く触れます。

KSB2017-チーム神殺し

チームで組んだのは芭蕉(JA)、かねごん(EL)。 チームとしてのバランスというよりは、大体今の関西(当時)で同程度の実力で各々が各々でしっかりやりこんでる、 且つ関西上位勢(ちょっとぼかした)に勝てる可能性もちゃんとある面子で組みました(芭蕉声掛けによるもの)。 この面子は互いが互い、めっちゃギルティやってる・がんばってる姿勢を見てじゃあ俺も負けらんわってなる刺激を与えられる関係だったと思います。 まあ良い意味ではそうだったのだけれど、個人個人での頑張りに突っ走りすぎたのでチームとしてどう動くかまでは考えきれなかったのが正直ありました。 いざ本選となった時にどういう計画・方針をもってというところでまだまだ力及ばずな結果に。まあ相手チームも相手チームでかなり鬼強だったんですけど。 ただ、今でもこの面子はずっとやり続けててるしまた組みたいよねーという話もしているので2018年「リベンジ」したいですね。

闘神祭2017-チーム聖杯問答

組んだのはエターナル(SL)、MGA(PO)、サク(SL)。 4人やん、ということではなく、闘神祭当日予選に王が来れないのでピンチヒッターに。結局抽選落ちで出れなかったけど。 サクニキほんますまんやで・・・でも6人ですしコーラはないと思います(別の日)。 話を戻しまして、xrdとしては初の全国3onということでかなり周りも気合の入ったチーム構成だったなーという印象です。 関西(大阪)でチームを組むとなった時にやりこんでる人が両手数えるほどでしかないのでチームをどうするとなるとけっこう難しいんですよね。 まあ周りが決まっていくなかで自然と集まったのがこの面子。聞いた話ではそんなキャラ構成で勝つ気あるの?みたいなことも言われてたみたいなんだけれどこの地でキャラ構成で選べれればチーム組み苦労しないでしょっていう。 で、まあ実際このキャラ構成きついのは理解してたし、キャラ的に踏ん張らないといけないのは自分だし、でもチーム内で実力劣っているのは自分だよねでまずとにかく対戦していかねばいかんぞと。 ただまあ資金があるわけでもなかったので目立って何処か遠征には行けなかったので近場には留まってしまったけれど、たぶんできうる限りで一番対戦数こなしてはちゃんと自分の動きに還元できるよう対戦の取り組みも色々試した期間でした。自分で言うのも何だけれどこの短い期間でしっかり実力をつけれたんじゃないかと思います。 周りの人にも恵まれてアドバイスも頂いたり、対戦後に強くなってるやんって言ってもらえたので今の取り組み方でいけばちゃんと強くなれるやっていう自信・モチベーションにもつながりました。本当に周りの人達には感謝しかないです。 で、まあ自分語りで闘神祭の話は終わりそうなので結果を一応お伝えしておくと銀切符2枚で本選には届かずでした。当日抽選のシステムはとても糞でした。はっきりいって糞でした。 最初に呼ばれたのが2人チームっておいおいですよ、マジウケるー()

最近の大阪ギルティ事情

大会も終わり、ギルティ熱も落ち着くのかなーって思ったけれど相変わらず大阪勢の中では対戦してる方の人間だと思います。 月1くらいで三宮の方にも出向いてます、そちら方面に向かう理由があるからってのも多少あるんですけど(地元勢にも何人かに話したw)。 まあその理由を加味しなくても三宮の対戦は大阪とはまた違う対戦ができるので行くようにしています。 再三Twitterでも述べてるけどサンクス行くよツイートRTしてくれたり、対戦しに集まってきてもらったり毎回充実して帰れてます。ほんとありがとうございます、来年もまた遊びにいきます、全員倒す・・・。 とまあ一応最前線でゲーセン行ってる身なのでそれなりにゲーセン事情を思うところもあります、ほんと今びっくりするほどゲーセンのギルティ人いないです・・・。 まあ闘神祭も終わったのもありますし、年末ですし、そろそろアップデートかも・・・で今がんばってもみたいなところもあるのかもしれないので様々な事情はあるとは思うんですけど、それでもほんとに人いないです。

人がいる日もある

金曜日と土曜日は大阪でもゲーセンでギルティの対戦が盛んに行われる曜日です。 金曜日はハイテクランドセガ西中島で19時から21時までフリープレイ対戦会(対戦会後には大会も)、土曜日は大阪では最大規模のオールネット台数を誇る難波ヒルズがやはり1クレ50円3本先取設定で対戦環境で他を圧倒してることもあり集中しやすい日です。 注目したいのは西中セガのフリープレイ人口ですね。普段平日の対戦はせいぜい数人(現在火・木曜日がゲーセン側で選んだタイトルとして対戦会を推奨している曜日)しか集まらないのですが、対してフリープレイのある金曜日は平均的に20人前後は毎週集まってると思います。これだけ人集まれるんだすごいじゃんってなるんですけど、これフリープレイの対戦会(および大会)の時にいる人数というだけでしてこれらのイベントが終わるタイミングでこの集まっていた人達は帰ってしまいます。その後は先ほども書いたような普段の人数ですね。 まあ野試合するにしてもイベントの終了時刻がある程度遅いのも多少ありますが、聞いた話とかも踏まえると「お金を入れてまで対戦する行為に抵抗がある」ということみたいです。それは確かに正しい言い分だと思います。

お金を入れて対戦することは大変だけど価値もある。

昨今の対戦環境というとやはり家庭用がかなり便利になりましたしゲーセンでただ対戦するだけなら価値は薄いと思います。 ただまあ自分はレガシーなタイプの格ゲーマーなので、「お金を入れた対戦」ってお互いのチップを賭けた譲れない勝負ができる場だと思うんですよね。 熱帯でそういう対戦ができないというわけじゃないですけど、そういうシーンとして捉えてできる機会は多分ゲーセンの方が多いと思います。 でも使えるお金は決して多くないと思いますし、長く楽しむ・勝ち続ける為にも相手に勝てる材料をしっかりと自分の中で詰めて自信を持って臨める状態であるのが理想です。 全然勝てる材料ないよ自信ないよみたいな相手に入って投げ銭する必要はどこにもないと思います。

材料と自信を手に入れるために対戦環境をうまく使おう

そういう意味でもっと家庭用も沢山プレイすればいいし、フリープレイの対戦会もどんどん活用していけばいいです。 今の大阪だと比較的安価に参加できる定期的なイベントとして下記のようなものがあります(一部不定期開催もあり)

・毎週月曜:野田「サイクロプス大阪 Osaka esports basement」アークゲー定例会対戦会(19時~23時:参加費無料) ・毎週水曜:梅田ゲームBar「CROSS-UP」Xrd対戦会(18時~:参加費[ドリンク代+α]) ・毎週金曜:ハイテクランドセガ西中島フリープレイ対戦会(19時~21時:参加費500円)

自分のお勧めはプロゲーミングチーム施設が無料できるサイクロプス大阪での定例対戦会。 http://cyclops-osaka.jp/basement/

WEBサイトをみてもらえればわかりますが施設環境は間違いなくトップクラスなのに無料とうまい話が過ぎます、が今のところ特に担保をもってかれてたりとかはしません。 場所が野田なのでややアクセス難とみられている節はありますが、交通費分以上のリターンは間違いなくあります。あとはどの曜日の対戦会もそうですけどうまい人に直接聞ける環境です。

あとは腕試し的なつもりで西中島セガ日本橋アテナ辺りで不定期ですが大会(シングル/ランダムチーム戦)などに出てみるのは悪くはないです。 これらについては幅広い力量のプレイヤーが参加するので勝つ、というよりもまずは自分の実力はどの辺なんだろうという確認目的での参加が良いかと思います。 個人的には初中級者向けの大会があればそこで勝つのを焦点にして取り組むのが道筋としてはよいのではと考えていますが今のところはありません。

今年の抱負

だらだらと色々書いてたのでもうここは簡潔にすませたい。 ひとまず今年もファウストをメインでやってくことは変わらないはず、ロボカイ楽しみにはしてるけどw 課題はまだまだ山積みだけれど、組んでみたいコンセプトのチームなどもあるので関西1stファウスト目指したいと思います。

ではでは、今年もよろしくお願いします。

REV2-ファウストvol.02

このブログ記事を書くタイミングが勤務の合間があれば書くスタンスだったのでかなり期間が空いてしまいました、お忙し。 その間にKSBも終わってしまえば今週には家庭用REV2発売だったり時間の流れはどうしてこんなに早いのかー。

REV2ファウスト雑感

REV2稼働から大体2ヶ月経ったわけですけど、前Verから比べてファウスト自体が変わったかといえばあまり?? 個人的には追加アイテムで「荒れやすくなった」かなってところ。各々のアイテムの印象をまとめてみる。

>プレミアメテオ
ガードさせれば強い。落下まで時間がかかるのと通常のメテオと違って全体の範囲は狭いので押さえ込み方が課題。
>花火
起き攻めで出た時のコンボ開発は進んだものの、立ち回りで出られた時に攻めの流れが停滞してしまう。
>でかファウスト
判定が大きい分、コンボの邪魔になったり、飛び道具で消されやすい。逆に大きさを盾に陣取って立ち回るといったこともできるので一長一短。
>金ハンマー
ヒットストップの増加や気絶値大など新アイテムの中では癖なく扱いやすい。
>10000t
上昇/下降で各々判定を持つようになってはいるけれど単品では連続hitしにくい。下降部分Hitでダウンが確定。
>お菓子大
回復量が割りと馬鹿に出来ないので通常に比べると取る取らないの小競り合いが激しく。チョコレートは相手の近くに落ちるのでほぼ間違いなく取られてしまうので辛い。

確率的に出やすいのが「一応」花火、でかファウスト、ハンマー、お菓子類辺りなので上記印象も踏まえてハンマー以外の取り扱いに困ってる現状もあり「荒れやすくなった」という見方に。オカルト的に人によってプレミアメテオが出やすかったりハンマーが出やすかったりしますが苦情は受け付けません、あしからず。

あと最近調べたことは動画に残そうと思ってハッシュタグ「#ファウスト攻略」とつけてツイートしてます。自分以外のツイートも混ざってるけどそもそもハッシュタグ使用者が少ないので・・・。 twitter.com

家庭用出た時に物投げ1000本ノック配信でも需要ありそうならやります、気が向けば。

REV2-ファウストvol.01

気が向いた時に。

初日所感

今のところこのキャラがREV2っぽいのはアイテム投げてる時が分かりやすいのだけど、
それも新アイテムが出る確率を考えると然程+新アイテムのぱっと見の性能が変わらないまだちょっと新作感は出せてない。
今後変更点交えながら色々試せたらいいなと思う。愛黄色とダスト打ち返し辺りはどんどん試していきたい。
爆風の持続が減ってダストで避けれるようになったのだけれど咄嗟に合わせるのは厳しめ、ガトリングやコンボで時間調整できればいいのだけども。
避けた後は2HS>槍>ごーいんぐで運んでダウンが理想なのだけどポチョ木偶にしてた時は5Kですら間に合わなさげだった。そういえば花火は話聞いた所3歩きや2Dで避けれるとのこと。

物投げ確率推定値

爆弾 49-11(17%)
ハンマー 49-05(16%)
チビ 43-04(13%)
毒瓶 42-XX(12%)
ドーナツ 29-01(8%)
チョコ 26-03(8%)
オイル 18-XX(5%)
ジャンプ台 14-XX(4%)
メテオ 12-04(4%)
100t 11-00(3%)
ブラックホール 08-XX(2%)
ヘリウムガス 07-XX(2%)

Total:336回

データ提供 by 麻生様

a-cho「もう全員優勝でいい大会」振り返り

簡潔にぱぱっと。

予選1チーム目

かえる(JO)、BIG(DI)、牛ふぁ(SI) シン戦のバースト吐きどころは注意しないとって考えながら。 先鋒で出て3縦

予選2チーム目

でふれ(FA)、DC(SI)、エターナル(SL)チーム 大将で出るもDCさんに負け。投げ返しずっと意識してたのに最後の最後で通された。

予選2位決定戦

かえる(JO)、BIG(DI)、牛ふぁ(SI) 中堅で出てBIGさん倒すも牛ふぁさんに負ける。少し勝負を急いで無理な攻めが多かった気がする。

敗者復活1チーム目

kuma(SO)、ドシン(LE)、かいくん(SO) 先鋒で出て3縦。大将戦芋バしたけど何故か勝ってた。

敗者復活2チーム目

けだこ(MA)、MGA(PO)、SPIKE(SL)

大将出てMGAさん倒すもSPIKEさんに轢き殺される。

>MGAさん戦 普段手癖のリバサバクステをしない。逆に相手の固めに対してはバクステを多めに配分したので 要所要所のPバスは普段より拒否できていたと思う。 最後、相手ドット状況でちび医者が出て、相手が前に出てこないので歩かせた時の対応を 思案してるだろうなと思って普段しない/展開を早めて相手の思考に割り込む、惑わす意味合いでカキーン、と。 ほんと状況が良かった。なおその後のSPIKEさん戦は手癖がぼろぼろ出て負けました。意識もたず。

総括

大会こそ手癖を見つめ直そう。

第2回日本eスポーツ大会大阪予選の振り返り。

結果はウィナーズ1回戦落ちルーザーズ2回戦落ちでした。

ジョニー戦

これはもう色々とやりこみ不足なので振り返るまでもなく、動けてもなかった。

ディズィー戦

動きまだ固いけど相手方がもっと固かった。

エル戦

西中セガで対戦して蓄積してきた内容を確かめてくような、大会試合で楽しみながらできたなーっていうのは初めてだった。 なので終わったあとは現状の自分の力を出し切ってたつもりだったんだけど、帰ってから見直したら思いの外ミス多くて恥ずかしいやつだった() 一番手痛かったのはブリッツ反撃ミスを2回してしまったこと。次点でメテオ引いた後に固まってコンフィールガー不を喰らってしまったこと。 ブリッツ反撃ミスは脊髄ではなく確認してからボタン押してたのでなお悪く、特に2度目は端最大反撃のチャンスでもあったのでここが最終的な勝敗分岐点だったと思う。 コンフィールの反省・・・強気にいければよかったのだけれどこちらの体力も少なくライン維持してメテオガードさせてから勝負をかけたかったのだけれどね、うまく突かれました。 あとはいくつかのコンボミスもあるけれど勝敗を大きく分けたのはこの2点かなー。振り返ればけっこうミスでてきたけれどほんとあの試合は楽しかった。

他の対戦見ながら

スパイクさんがキレッキレの動きで2位まで上り詰めてた。 その動きアワードで見たかったなー!なー!(スパーリング相手からの小言

XrdR2第1回ロケテ:ファウスト編

医者の変更点は画像の通り f:id:SpicaTerrible:20170120165934p:plain

各種追加アイテム

  • 花火
    • クリーム色の爆弾。一定時間経過すると打ち上がって爆発。
    • 範囲は爆弾より広い気がする。範囲が広すぎて躱しながらコンボにいけない。空中ガードなにかし。
    • 性能的には爆弾と大差なさげ?
  • 金ハンマー
    • 飛距離若干短め?性能も通常と変わらないと思う。ダメージや気絶値が違うかもしれない。
  • 金100t(たぶん1000t)
    • これも飛距離短かった気がする。性能も通常と変わらないと思う。ダメージや気絶値が違うかもしれない。
  • 金チョコレート
    • 金の包み紙のチョコレート。
    • なんかでかい。
    • 体力回復量が大きい。テンションバランスが大幅プラス。ダッシュしたらゲージがグンと10%~15%は目算増えてた。
  • ドーナツ詰め合わせ
    • 箱に詰めこまれたドーナツ。ミスドかな?
    • 体力回復量が大きい。テンションバランスは不明。
  • 巨大メテオ
    • 画面3/4を覆うくらいの巨大隕石がゆっくり落ちてくる。落ちてくるタイミングはメテオと同じ。
    • 現状ダメージが頭おかしいらしい。見た目のインパクトばかりで見てなかった。
    • 通常メテオか巨大かは投げた瞬間、隕石が炎に包まれてるかどうかで分かる。

大体こんな感じで。当たりの確率はよくわからない。 連続で引くこともしばしばあるし、勘でいうと天使→悪魔になる確率25%程度と同じに合わせてそうな気がする。知らんけど。

ダストによる相手飛び道具打ち返し

成功すると相手の飛び道具→野球ボールに変換して打ち返す。 ボールの軌道は自分のアイテムを打っていたときと同様にカス当たりとホームランがある。 カス当たりでボールが転がるのかは見てない(※ちびファウストはカス当たり時に着地すると歩くので可能性の話) 以下は飛び道具リスト

  • 打ち返せる飛び道具リスト
    • MA[ボール、拍手イルカ]
    • PO[FDB衝撃波]
  • 打ち返せない飛び道具リスト
    • VE[スティンガー]
    • LE[ヴァーダ]
    • BE[タスクa,a’]
  • これから調べる飛び道具リスト(覚醒も一応記載しとく)
    • SO[ガンフレ]
    • KY[スタン各種、セイク]
    • MA
    • MI[ガーデン、針、タンデム、レイン]
    • ZT
    • PO[ガイガン]
    • CH[手裏剣、クナイ]
    • FA
    • AX
    • VE[カーカス、レッドヘイル、ダークエンジェル、BRO]
    • IN[ケミ、音符、窓際、限界]
    • BE[デジャブ各種、目覚まし、羊]
    • RA[各種剣設置、カシウス、カルヴァドス]
    • SI[デイン]
    • EL[パイン、ジェノワーズ]
    • JO[コイン]
    • JC[S鯖攻撃、JD、カルヴァドス]
    • JA[戀崩孃]
    • RV[クーゲル、針]
    • KU[S弾、HS弾、超必弾]
    • DZ[木の実、焼き栗、魚、焼き魚、泡、インペリアルレイ、ガンマレイ]

たぶん覚醒は無理だろうし、多段技も無理だと思うけどひとまず記載。

今年のPS4タイトル

Nintendo Switchについてはしばらく様子見かなーって。 イカ気になるけどプレイしてたわけじゃないし、夏はみんGOLあるしと忙しや。

PS4タイトル購入予定メモ

◯は確定、△未定